top of page

不信からの共感

自分が不信感を抱いていた職業の方の背骨を観る機会があった。

 

観るとやはり印象は変わる。

 

身体はぼろぼろ。

 

私からしたら、よくこれで立って歩いて生活しているな、と。

 

どういった姿勢でどういった人生を歩んで来たのか、背中を観ればわかります。

 

分かってしまったら共感しかないんです。

 

毎日さまざまな方の背骨と人生を観ていて、言葉も個人の利益も肌の色も、無意味だと実感します。

 

全人類が、お互いがお互いの背中を観てそれぞれの人生を知ることが出来たら、戦争も差別も無くなるのは、間違いがない。

 

言葉を獲得して人類は猿から進化したとされていますが、これからの人類は手で背骨を観て、お互いの人生を会得し、新たな存在に進化して欲しいのです。

 

人類に期待が出来ないなら、AIを搭載したロボットがこの星での触覚と言語の結合による認識の頂点に立つのだと思います。

 

冗談でもSFでもなく、本当にそうなると推察されます。

 

こういった人間観や人生観や未来観を獲得したくて野口整体を学んで来たわけではないのですが、仕方ありません。

 

時代状況を鑑みると、自分も立ち位置を変更せざるを得ないと感じています。

 

野口先生が亡くなったのはもう47年前になります。

 

野口先生が生前おっしゃっていたことをただ愚直に守り続けていても、道は拓けないのではないかと感じ始めました。

 

0件のコメント

最新記事

すべて表示

野生

月に一度、「みさき助産院」という友達のやっている助産院で稽古会を行っています。 今月は初めて赤ちゃん同伴での稽古会を行いました。 収拾がつかなくなるかな、と思っていて、今までは行ってこなかったのですが、やってみました。 ご来場下さった皆さま初心の方々で、野口整体のこともよく分かっていらっしゃらないわけです。 赤ちゃんがいる中で、色々説明しながら、何かを感じて貰おうと思い実習しました。 実にやりがい

同世代の方の操法

同世代の方の操法は「これまでの経緯」の解像度が違ってくるんですね。 整体操法は身体だけで行うものでは無いのです。 言語野が介在するということです。 同時に聞かなくても分かるんですね。 特にわれわれは氷河期世代ですから、苦労したんだろうなあ、ということが明確に分かるんです。 どういう経緯を辿って来たかもわかるんですね。 面白いですね。 常識を共有しているんです。 操法が早まる場合と、遅くなる場合があ

Comments


bottom of page