top of page

リズムと意志

冬の始まりに保湿の為に水を飲み始めて、春の始まりに冬に取り過ぎた栄養の落とすため、食事の制限をするんですね。

 

季節に順応してリズムを作っていきます。

 

リズムは呼吸なんです。

呼吸がリズムなんですね。

 

季節に合わせて身体は開閉するんです。

 

でも、この季節と身体の複合的なリズムには意志が関与しているんですよね。

 

タイミングで水を飲んだり、摂食したり、結構めんどうなんですよ。

 

それなりの意志の強さが必要なんです。

 

打楽器を叩く時、数学的な周期性を頭で把握しながら、手とか足を動かすのと同じことなんです。

 

季節のリズムに身体が乗っかる時には、実は頭と意志の力を必要とするんですね。

 

ですから、野口晴哉先生の『自彊不足』という言葉が養生訓として残っているのですね。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

あなたの未来が見える

いらっしゃる方の身体を観ていて、その方の未来が視える時があります。 私は予言者ではありませんので、確定した未来が視えるのではないです。 私に視えるのは、その人が感じている、思い描いている未来です。 漠然としたものなのですが。 空想している未来であったり、固定観念から生じている未来だったりします。 もちろん、過去も視える時があります。 でも、漠然としたものですよ。 自分が思い描く未来になる、というの

男性は整体を受けない

男性は整体をあまり受けに来ないです。 整体を受けに来るのは8割が女性です。 女性は身体に少し違和感を感じただけで受けに来ます。 男性が受けに来ないのは、自身の弱さを見せたくないからです。 身に覚えがありますので、よく分かります。 完全に壊れてからでないと、整体を受けようとは思わないようです。 こういうところは女性の方が賢いなと思います。 なんというか男性にも、普段着で、さらっと受けに来て欲しいです

Comments


bottom of page