top of page

リズムと意志

冬の始まりに保湿の為に水を飲み始めて、春の始まりに冬に取り過ぎた栄養の落とすため、食事の制限をするんですね。

 

季節に順応してリズムを作っていきます。

 

リズムは呼吸なんです。

呼吸がリズムなんですね。

 

季節に合わせて身体は開閉するんです。

 

でも、この季節と身体の複合的なリズムには意志が関与しているんですよね。

 

タイミングで水を飲んだり、摂食したり、結構めんどうなんですよ。

 

それなりの意志の強さが必要なんです。

 

打楽器を叩く時、数学的な周期性を頭で把握しながら、手とか足を動かすのと同じことなんです。

 

季節のリズムに身体が乗っかる時には、実は頭と意志の力を必要とするんですね。

 

ですから、野口晴哉先生の『自彊不足』という言葉が養生訓として残っているのですね。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

農家の方の身体

無農薬の野菜を作っている方がいらっしゃいました。 あらゆる他人に興味のある私ですが、土と常時接続されていて、季節と野菜とお金の流れを全身で捌いている方の身体には一度は触れてみたかったわけです。 私自身は江東区の団地の鍵っ子でしたので、子供時代は自然とは全く無縁にすごしましたが、父方は百姓の家系でしたので、70年くらい前の百姓がどれだけ大変な生活をしていたかは知識としては知っています。 お身体を観ま

手が

よく操法をした後に、手が柔らかいとか、手が熱いとか、言われます。 ここは自分では意識できない処なんです。 当然なんですが、接触する面には意識が二つあるんですね。 触れる人と触れられる人の二つの意識です。 この二つの意識に落差があればあるほど、お互いに別のことを感覚しています。 実際に整体指導というものには、この落差が必要であるし、またなければ成立しませんし、指導自体が無用のものになります。 面、と

ダンス

ダンスを仕事にされている方々が私の周辺にいらっしゃいます。 ダンスなんて私には縁遠い職業です。 ですが、整体の醍醐味は、自分には興味のない物事を身につけて、日々を送っている方々のお身体に触れることで、その自分と無関係であった対象に対する認識を新たに出来ることにあります。 今日もダンスを仕事にしている方のお身体を拝見する機会に恵まれたのです。 詳細は省きますが、その方が身体を壊してまでも、ダンスに情

Comments


bottom of page