top of page

モノではない、1種の女性

1種の女性のお身体を拝見させていただいて特に感じたことです。

 

十二分に分かっていたはずのことなのですが、分かっていなかった。

 

ふと感じたんです。

 

触れるということについて考え込んでしまいます。

 

我々は人間への触れ方を学んでいないのです。

 

武術などは壊す目的の為の触れ方です。

 

スポーツによる接触は禁則による身体接触の規制でしかありません。

 

医者は最近は特にモノとして人体を扱います。

数値を計測するためにのみ身体に接触します。

 

そいった壊れ方をすると何かが裡側で壊れます。

壊してはならないのです。

 

身体というのは、丁寧に触れる、という以上の価値のあるものだと感じます。

 

野口整体だけのような氣がします。

このような触れ方を要求するのは。

 

野口整体で要求されるような仕方と近い接触は、自分の狭い経験の中では音を出す時の楽器の触れ方です。

 

感覚と間をフィードバックされることを前提にした接触でありながら、第三者の聴点を想定されています。

また理論と歴史が循環構造を有しています。

 

身体接触の背景は複雑ですので何度でも初心に帰るべきと思います。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

フラで胸痛

フラは胸から上を固定して踊るそうだ。 それで胸椎6番の2側(背骨から指二本分外側)が痛むとのこと。 なかなか興味深いのですが。 つまり、基本的に胸椎6番という骨は感情の骨なんですけど、踊ることが好きで踊っているんですけど、踊ることで、椎骨が捩じれて、逆に感情に制限が生まれてしまうんですね。 3側は主に内臓の血行で、2側というのは起立筋の処ですので姿勢なんですね。 特殊な動きを繰り返すことによって、

リズムと意志

冬の始まりに保湿の為に水を飲み始めて、春の始まりに冬に取り過ぎた栄養の落とすため、食事の制限をするんですね。 季節に順応してリズムを作っていきます。 リズムは呼吸なんです。 呼吸がリズムなんですね。 季節に合わせて身体は開閉するんです。 でも、この季節と身体の複合的なリズムには意志が関与しているんですよね。 タイミングで水を飲んだり、摂食したり、結構めんどうなんですよ。 それなりの意志の強さが必要

夫婦で同じ身体

夫婦でいらっしゃる方で同じような身体になっている方がいます。 何故なのでしょうか? 操法を進めていったら、同じ中毒操法になり、左右型の操法になるんです。 結婚して50年位生活を共にしておられるからでしょうか? それにしても同じなんですね。 体癖は違うんです。 似通ったところはあっても。 夫婦でお互いに身体に乗りあっているんですね。 お互いがお互いの中に入り込んでいるんです。 仲がいいことは確かです

bottom of page