top of page

モノではない、1種の女性

1種の女性のお身体を拝見させていただいて特に感じたことです。

 

十二分に分かっていたはずのことなのですが、分かっていなかった。

 

ふと感じたんです。

 

触れるということについて考え込んでしまいます。

 

我々は人間への触れ方を学んでいないのです。

 

武術などは壊す目的の為の触れ方です。

 

スポーツによる接触は禁則による身体接触の規制でしかありません。

 

医者は最近は特にモノとして人体を扱います。

数値を計測するためにのみ身体に接触します。

 

そいった壊れ方をすると何かが裡側で壊れます。

壊してはならないのです。

 

身体というのは、丁寧に触れる、という以上の価値のあるものだと感じます。

 

野口整体だけのような氣がします。

このような触れ方を要求するのは。

 

野口整体で要求されるような仕方と近い接触は、自分の狭い経験の中では音を出す時の楽器の触れ方です。

 

感覚と間をフィードバックされることを前提にした接触でありながら、第三者の聴点を想定されています。

また理論と歴史が循環構造を有しています。

 

身体接触の背景は複雑ですので何度でも初心に帰るべきと思います。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

腰痛

腰痛になってしまって。 調べると、腰椎1番の右二側が中心。 単純に操法中の身体の使い方が下手なんですね。 頑張ればいいってものじゃないんです。 7種体癖なのでつい頑張ってしまって、身体を捩じって使ってしまうんです。 情けないことです。 そしてこの痛めた処は肝臓の急所でもあって、どうも肝臓も腫れてるようで、怒りっぽくなっていて、反省しています。 身体と心の使い方を改めろ、との天の声と捉えています。

怒られた息子が言ったこと

妻が息子に怒ったんですよ。 妻はわりと理性的に怒れるんです。 3種なんです。 感情に弾力があって統制が効くんですね。 いわゆる「キレる」ということはないんです。 だから、我が家では怒り役なんですね。 それで先日、妻が息子を怒ったんですけど、その時息子の言った言葉にビックリして。 曰く「しにて~」「じぶんをころして~」だって。 5才なんですけど、こんなこと以前は言わなかったんです。 怒られるとただ泣

表情と無意識

お身体を観させて頂いている方で、あまり表情が動かない方だなあ、と思っていたんですけど、5種の方だったので特に氣にしてませんでした。 5種の方はやっぱり余り感情や表情を動かさないです。 呼吸器で抑え込むんですね。 常に息を詰めているというか。 感情を抑えて合理的に行動することが快感なんですね。 それでたまに爆発するとされています。 普段は倹約しているんですけど、周期的にバーッと奢ったりとか大金を使っ

コメント


bottom of page