top of page

モノではない、1種の女性

1種の女性のお身体を拝見させていただいて特に感じたことです。

 

十二分に分かっていたはずのことなのですが、分かっていなかった。

 

ふと感じたんです。

 

触れるということについて考え込んでしまいます。

 

我々は人間への触れ方を学んでいないのです。

 

武術などは壊す目的の為の触れ方です。

 

スポーツによる接触は禁則による身体接触の規制でしかありません。

 

医者は最近は特にモノとして人体を扱います。

数値を計測するためにのみ身体に接触します。

 

そいった壊れ方をすると何かが裡側で壊れます。

壊してはならないのです。

 

身体というのは、丁寧に触れる、という以上の価値のあるものだと感じます。

 

野口整体だけのような氣がします。

このような触れ方を要求するのは。

 

野口整体で要求されるような仕方と近い接触は、自分の狭い経験の中では音を出す時の楽器の触れ方です。

 

感覚と間をフィードバックされることを前提にした接触でありながら、第三者の聴点を想定されています。

また理論と歴史が循環構造を有しています。

 

身体接触の背景は複雑ですので何度でも初心に帰るべきと思います。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

捩れ体癖(?)

1種と4種の入っている方でした。 この場合は基本的に重心が前と右にあるわけです。 体癖は普通三つ入っているとされているのですが、そこにもう一つの三つ目の体癖との兼ね合いで、重心が外にも開いていくんです。 こうなると力学上運動しますと、身体は捩じれるんですね。 しかも上下型が入ってますから、上の方で捩れるんです。 こういう方を捩じれ体癖とは言わないのですが、捩れ体癖と同じように身体上のある箇所に捩れ

1種と4種

皮膚か肝臓に変動が生じる。 腰椎1番か胸椎9番。 最近はそこで見極めている。 表面に出るか、裡側に入るか。 これが身体の癖。 動作以前。 重心以前。 分かりますかね。 重心に反映される以前に、この場合は皮膚か内臓に感情が停滞する。 感受性の反応速度といいますが、氣の速度と方向が点在して拡散するんです。 人様の身体を実際に観るようになると、体癖というのは氣楽に観れなくなるんです。 触らないと分からな

体癖と占星術

体癖を知る以前から、西洋占星術は趣味で学んでいました。 特にサビアン占星術が好きで、松村潔さんの厚い本も結構買って読んでいました。 象徴的なものの観方が性に合ってたんですね。 後々に体癖のことを知って、占星術が好きな人が皆するように、自分のホロスコープと体癖を照らし合わせて、一致するかどうかを調べたんですね。 両方に臨場感を感じる人にとっては興味のある処ですよね。 で、あれこれ色々な角度から、比較

bottom of page