top of page

フルートと吐く力

更新日:2023年10月5日

操法にいらっしゃった方。

身体を観させていただいたのですが、通常は胸椎、腰椎、と観ていって最後に頸椎の状態を観るのですが、頸椎はこうなってるんじゃないかなあ、という予想に反して、頸椎4番の状態が良かった。


何でかなあ、と思って聞くと、趣味でフルートを吹いているとのこと。

ああ、そういうことかあ、と思うんですが、息を吐くことに関しては頸椎4番と7番が関係していて、息を吐くことで頸の力が増すのだなやはり、と。

ピアノも弾ける方だったんですが、身体の状態からすると、フルートのが良いですよ、とお伝えしました。


息が吐けないほっと一息つけないという方に、私は葉巻をお勧めすることもあるのですが(通常の紙巻きたばこは人工ニコチンですので発癌性あります。またタールは茎に含まれているので葉っぱを巻くだけの葉巻にはタールは含まれていませんので、こちら側にも発癌性はありません。他に香料など添加物の問題もありますが葉巻には添加物はありません。農薬は国によって法律が違うのでしょうが、通常は農薬にも半減期があるので安全な範囲のはずです。ストレス解消の目的でしたら、酒とたばこは止めて葉巻にするべきです。)、葉巻であっても息を吐くときには感情を込めるといいと思います。

静かな感情で結構です。


それはともかく、その方は上下体癖傾向もありましたので、きっと感情や情動を数学的な規則性に基づいて天才的な音楽家が配列した音符に従って正確に身体を操作することで昇華することが喜びなのでしょう。

ただ息を、はあはあ吐くだけでは駄目なんですね。

それだけでは身体の裡なる要求としては納得しないのです。


そしてだとしたら笙とか尺八とか日本の楽器だったら、身体はどう変化するのかな、とか想像は広がるわけですが、それはまた別の話ですね。

他にもヨガの呼吸法でも良いし、山登りでも良いと思います。

それぞれが吐く息に集注できることなら。

現代社会は息を吸う方に身体的集注を迫りますので、そういった社会のあり方と距離を置くためにも、吐く息への集注を忘れないようにしたいものです。


整体操法はする側なのですが、むしろ指導者の側が本当に多くのことを学ばせていただいております。






0件のコメント

最新記事

すべて表示

表情と無意識

お身体を観させて頂いている方で、あまり表情が動かない方だなあ、と思っていたんですけど、5種の方だったので特に氣にしてませんでした。 5種の方はやっぱり余り感情や表情を動かさないです。 呼吸器で抑え込むんですね。 常に息を詰めているというか。 感情を抑えて合理的に行動することが快感なんですね。 それでたまに爆発するとされています。 普段は倹約しているんですけど、周期的にバーッと奢ったりとか大金を使っ

姿勢

姿勢を変えたいという人がいます。 端的には、左右と前後をシンメトリーにしたいということです。 そもそも論で言うと、日本では昔からシンメトリー、左右対称を美とは認識していない。 必ず一点を意図して歪ませています。 人間の裡に自然を観ているんですね。 人間は何処かに向かっているから、身体が歪むんです。 静止していたら歪まないんです。 人生は止まっていないんです。 氣から始まっていると仮定して、つまりそ

更年期障害、中年の危機

中年の危機という問題がある。 ユングは40歳くらいで生じると書いている。 簡単に言うとそれまでの行き方がそのぐらいの年から通じなくなる、ということ。 西洋占星術だと、サターンリターンといって、生まれた時のホロスコープ上にあった土星の位置に、また土星が一周して帰って来ることを言います。 約30年。 ここで、自分にとっての土星の意味が一新されるんですね。 土星の意味は、制限や規律や圧力、乾いていて痩せ

Comments


bottom of page