top of page

『あそぼうクマクマ』

更新日:2023年11月9日

正式なタイトルは『あそぼうクマクマ なにしているかな?森のどうぶつたち』です。

レイチェル・ピアシーさんとフレイヤ・ハルタスさんの共著。


絵本なのですが、読み方がよくわからなかった。

うっちゃっていたんですが、ある瞬間に何をしたいのかがわかった。

わかる時が来るんですね。

何事も時間をかけると。


森のなかで多くの動物が思い思いに活動している様を描いている。

以前は目が滑ってただ可愛らしい擬人化された動物がわちゃわちゃしているなあ、という感想しかありませんでしたが、ふと顔を本に近づけてみると、単純に目が滑らない。

視点が目の前の動物に固定される。

そのまま視点を移動すると、動物たちそれぞれに別の時間が流れていることに氣づきます。

読み進めると、目を動かす時間が、動物の生きる時間と同調していく。


重要なのは感情を固定したまま観るということ。

感情は動かさないで視点を動かしていく。


ある厚みのある感情の幅を多くの動物や虫たちが上手に演じている。

動物の擬人化によって絵本が構成されているのは、すべての人種が感情移入することが出来るから。

宗教も肌の色も超えるため。

こういった感情。

この感情を中心に動物と虫たちが自然環境の中に布置されている。

みんな仲良く。


この左右型の太い感情に感応できなかったから、以前はよくわからなかった。

ある瞬間波長があった。

腰椎2番の3側が弛んだのだろう。


偽善ではない。

子供のための絵本だから。

これが教育。

感情教育。


そしてここには死が無い。

死は絵本の外にあり、消失点の向こう、子供の認識の外にあり、引き受けているのは現実の大人。

この絵本を大人が一人で読むと、それは逃避。

大人が子供と二人で読むと、自己防衛。

どちらも人生に必要不可欠なものと思います。


もう一つ付け加えると、この二つの自我の構えを振幅する大人を、子供はこっそり観察しています。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康の定義

私にとっての健康は、「自由にやりたいことやっている」という状態を指します。 やりたいことを思いのままにやっていると、ほとんどの場合で寿命は縮みます。 動物園の動物は、野生の動物と比べると、寿命が2倍から3倍あるとのことです。 野生状態というのは非常なストレスが掛かります。 食べたいものがいつでも食べられるわけでもなく、行きたいところに何時でも行けるわけでもないのです。 次にいつ食べられるか分からな

5月の初等講座のお知らせ

岡島瑞徳先生の初等講座の講義録を参照させていただきながら、稽古会を行っています。 平成14年の講義録を参照させていただいて稽古をします。 この講座は全12回1年にわたり整体に於ける基礎的な考え方、処や型などについて岡島先生が講義なさっております。 第五回の講義の主題は「・整体をやるにあたっての心構え・脊椎操法三側・救急操法」になります。 私自身が岡島先生の整体に対する理解を深めるために初心で稽古し

10種の方の茫洋とした感じ

開型。 10種の方は、なんだかぼんやり、茫洋としている、と言われています。 先日操法にいらした方が、どうにも曖昧で体癖がわからなかったんですが、操法を終えた後に、少し話をしていましたら、一向に帰らないんですね(笑)。 いつお帰りになるのかな~、っと思っていたんですけど、ご本人が「私はなかなか帰らないんです」と訥々とおっしゃるので、爆笑してしまって、ああこの方は10種なんだ、とわかったんですね。 野

Comments


bottom of page